●どこで廃車をするか

私たちの現代の生活は自動車なしには語れません。生活や仕事で自動車を利用することは勿論、自動車は趣味としてもその存在感を確立しています。世にカーマニアと呼ばれる人たちはたくさんいます。中には「三度の飯より車が好き」などという人も少なくないでしょう。ですが実際のところ、自動車は一種の機械に過ぎません。従って長く乗っているといつかは老朽化し、使えなくなる日がきます。永遠に高性能を保ち、同じ姿で走り続けることは当然不可能です。いくらその自動車を愛用していても、もうその自動車に乗らないで観賞用として保管しておく場合でもない限り、時がくればいつかはその自動車を手放すことになります。自動車を手放す理由としては、例えばもう既に一定期間乗っているため自動車の買い替えの潮時が来た、他に買いたい自動車があってその購入資金を調達するため現在使用している自動車を売る、或いは自動車の耐用期間が過ぎた、または事故に遭遇してその結果廃車にせざるを得なくなった、等たくさんあります。手放す手段として一般的なのは自動車の下取り、或いは廃車でしょう。特に後者の場合致し方ないとはいえ、長年慣れ親しんできた自動車を手放して廃車にせざるを得ない場合は心情的に忍びなかったりします。ですが衣服などと違って、自動車は一生のうちそう何台も買い換えるものではありませんし、一台一台が財産ともいえる貴重なものです。ですからそれを買い換える或いは廃車にする場合には慎重な判断が必要ですし、それに相応の煩雑な手続きを伴います。非常に面倒だと思うでしょうが、自動車が財産である限り、慎重な構えが必要です。下取りに出すにせよ、廃車にするにせよ、後悔のない選択そして関連の手続きをしておきたいものです。というわけで今日は中でも廃車にまつわる、知って損はない情報をお話していきたいと思います。

では、皆さんが自動車を廃車にしようと思うとき、どこに行って廃車手続きをしたらいいのでしょうか。皆さんの自動車が普通乗用車の場合、書類上の手続きの場合は運輸支局で行います。軽自動車の場合なら書類上の廃車手続きは軽自動車検査協会で実施されており、所在地は運輸支局と異なる場所にあります。ですがどこの陸運支局、或いは軽自動車審査協会でもいいというわけではありません。登録自動車のナンバープレートまたは住民票がある運輸支局や軽自動車検査協会で廃車手続きを行うことができます。ですから例えば地方在住の人が、東京に出張に行って時間ができたのでついでに東京の陸運局に行って廃車手続きをする、といったことはできません。自分の所在地の運輸支局もしくは軽自動車検査協会の場所を調べておくことです。
手続きの際には様々な必要書類に記入する必要がありますが、記入方法のサンプルが窓口に備え付けてありますし、それでも不明な点があれば窓口で問い合わせたらよいでしょう。
ところで実際に自動車の抹消登録手続き、即ち廃車手続きを自分でやったことのある人はあまりいないのではないでしょうか。これに関しては抹消登録手続きを代行する業者や行政書士がいて、費用は2,000円から1万円くらいで行っていますので、それを利用することができます。現実にはそうしたサービスを利用する人が多いですが、実のところそうした専門家に依頼しなければならないほど廃車手続きは難しいというものでもありません。ですので時間に余裕のある人は自分でやってみてもいいでしょう。
また二度とその自動車を使用しないという永久抹消登録を行う場合は解体届(自動車を解体したという証明)が必要となります。従って自動車の解体を依頼した解体業者から提供される書類も必要となりますので、紛失しないように大切に保管しましょう。

自動車の抹消手続きについて不明な点があれば自動車の解体業者や中古車販売店などに問い合わせてもよいでしょう。

 

注目サイト

人気商品、流行物など格安にて販売しております。

ワイヤレスチャイム 店舗

名古屋市営地下鉄「矢場町」より徒歩2分。名古屋市中区栄の、隠れ家的アロマテラピーサロンです。

名古屋 エステ

長崎脱毛ランキング のコメントのフィード

全身脱毛 長崎

法人・官公庁・学校・団体様向けのレンタル携帯ならレンタルKにお任せください!

レンタル 携帯

当店では天然石やスワロフスキーを使ったオリジナルピアスなどの手作りアクセサリーを数多く取り揃えています。

スワロフスキー ブローチ

最終更新日:2015/4/14